Rainbow Train BLOG

いつまでも走り続ける、Rainbow TrainのBLOGです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕が音楽を始めたきっかけは他にあるとしても、根底に確実に流れているものはユーミンなのかもしれない。

子供の頃
保育園の頃、土曜日と言えば早く帰れる日だった。家へ帰ると、いつも、ユーミンの曲が流れていた。

マンションの4階への光りと、ユーミンの曲の音楽的な光りが、今でも僕の音楽の全てかもしれない。


僕の曲の、
『キャロットタワーに宇宙船』には、平然と、
『中央フリーウェイ』的な、非現実的なエッセンスを感じる。


未だに耳から離れない、
『時かける少女』
は、僕の人生観そのものかもしれない。


原田知世の主演の映画は、幼い僕に、当たり前に、時の不確定さを教えてくれたのだろう‥し、
 とにかく僕は、非現実的な、目に見えないものを当たり前に、唯ただ、受け入れ続けた。


小学生になると、それにラーメンの匂いがプラスされることになる。


土曜日の昼はラーメンが多かったからだ。

それもコーンラーメン。




つづけ



小惺唯瀧
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rainbowtrain.blog61.fc2.com/tb.php/22-8530571d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。