Rainbow Train BLOG

いつまでも走り続ける、Rainbow TrainのBLOGです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ものを創る表現者達の話。

昔、光化学スモッグと言う認識が化学的、世間的に無かった時代、イギリスの作家達は、産業革命によって失われたもの達を感じ取り、自分達の作品に表した。

作家達は光化学スモッグを感覚的、触覚的に、感じ取り、作品に表した。



作家や芸術家達は、常に社会的な問題を、世間一般に認識される前に、知覚しなければならない。


れいんぼーとれいん、に乗って考える‥


アーティストとは、その役割りがある。



そう、思うと‥


だから、社会性が邪魔になることがアーティストにとっては多い筈であると‥


ただ、それも、ただの言い訳であると‥




れいんぼーとれいん
食堂車両にて、
アイスティーを飲みながら‥
小惺唯瀧
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://rainbowtrain.blog61.fc2.com/tb.php/40-73e6d469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。